『シャーロック・ホームズの冒険』 コナン・ドイル

mystery...1


現代の推理小説の礎を築いたと言われる、コナン・ドイル。


なかでも、『シャーロック・ホームズ』 シリーズは、
今日でも世界中で絶大な人気を誇り、”シャーロキアン” と呼ばれる、
熱烈なファンの団体が世界各国に存在している。


実のところドイル本人は、自分を歴史小説家と思っていたので、
シャーロック・ホームズシリーズのヒットには、
忸怩たる思いがあったと言われている。


そのせいか、一度はホームズを死亡させシリーズを中断させている。


『シャーロック・ホームズの冒険』 は、
『ボヘミアの醜聞』 を始めとする、12の短編で構成されている。


ドイル自身は最初の6編で終了する予定だったが、
好評だったため、執筆を継続することを余儀なくされた。


結果的にこの12の短編は、シャーロック・ホームズシリーズの、
根幹を成すものとなり、多くの舞台や映画・テレビドラマが制作された。


とりわけ、1980年代に制作された、『ジェレミー・ブレット』 版が非常に好評で、
今日でも世界中の至る所で放送され、根強い人気を誇っている。


ドイル本人はいろんな思いがあったとしても、
その推理小説としての完成度は高く、意表を突く事件の展開や、
軽妙なユーモアなど、どれをとってみても、今なお色褪せない一級品である。


ホームズと助手のワトソンのやり取りの中に、彼らの長所短所が織り込まれ、
単に謎解きに終わらない人間臭さが表れていることが、
シャーロック・ホームズの、今日まで人気が続いている理由の一つと言えるだろう。





<<おすすめミステリー>>
『火車』宮部みゆき
『オリエント急行の殺人』 アガサ・クリスティ
『ロング・グッドバイ』 レイモンド・チャンドラー
『テロリストのパラソル』 藤原伊織
『血の収穫』 ダシール・ハメット





<おすすめサイト>

看護師辞めたい! ~辞める前に専門家に相談~
ネクサス6の価格は?(ワイモバイル)
淋病に感染した際の、症状や合併症の事例|無症状・不妊・母子感染…





Leave a Comment